留学野良

3年目となるオレゴンでの生活、というより、一人の日本人が留学しながらこんなこと思ってましたとさ。親戚と友達に近況報告するために始めたブログなので、何気ない日々についでに最近思ったことをつらつら語ります。留学楽しいよ!!

2年目の挑戦

初めましてこんにちは。

東北出身の21歳です。

オレゴンの短大に通い始めてそろそろ1年半になります。

 

こっちに来る前、留学前は、「卒業するまでの4年間は一度も帰省しない」なんて言ってました。しばらく見ないうちに立派に成長して親に顔を見せるのが憧れでした。津田梅子。一年経った夏に帰りました。完全なホームシック。学校から帰っては槇原敬之の遠く遠くを聴いて涙の日々でした。アメリカに来てしばらく経つのに思ったほど英語力が伸びてない、そもそもどうしてみんな日本語喋れない、先生が何言ってるのかわからなくて悔しい。でもその時寂しさを紛らわせてくれていたのがここオレゴンで出会った人たちでした。日本人もアメリカ人も他の国からの留学生も、話せば良い人たちばかり、人間て温かい...

今もたくさんの素敵な人たちに囲まれて刺激をもらって元気に過ごしております。

 

趣味は、しいて言うなら、料理。食べてくれる人がいるなら作る。

特技はかろうじて書道、小中高と習っていたのと、ちょっとセンスがあると思ってる。8段だけどね。8段がどれほどのものなのか本人も不確か。

 

 

ブログタイトルについて...

 

私にはNorah(ノラ)というアメリカンネームがありまして。普段は本名を使っているんですけど、食べ物屋さんによっては注文時に名前をきかれることがあって、本名だと聞き返されるかつづりを言わなきゃいけない、そういうときに名乗ります。その”ノラ”。つい最近まではJennyって名乗ってたのに(仲の良かったベトナム人の子のアメリカンネーム、その子は違う州に引っ越して、その後なんとなく引き継いだ笑)友達とごはんを食べに言ってJenny使ったら私はJennyって感じではないと突っ込まれ、じゃあつけてって言って新たに頂いた名前です。今日でNorah6日目です。

 

アメリカに留学しようと思った理由が、高校生のときに来たことがあって身近に感じていたことと、アメリカ人の自由さに憧れたこととがありました。実際住んでみたらアメリカ人は本当に自由。どこで何をするのも自由だからちょっと道端にイヤホンつけて大声で歌っている人がいても全く動じない。授業中に突然自分の身の上話を始める人がいるけどみんなでそこから話を広げて盛り上がって先生がうまく丸めて軌道修正するのが面白い。最初はオイオイと思ったけど、実は授業の趣旨からそんなに脱線してなかったりする。住めばこの自由さに私も染まるかと思いきや、見た目は積極的になってるつもりでも気持ちがどんどん消極的になってきてるなと感じました最近。日本人らしさを忘れ過ぎるのも良くないと聞きますが、周りを気にせず自分らしさを押し通すあの感じはアメリカ人の良さだし習得したいと思ってて。そこから”野良”。

 

でも私ネーミングセンス無いし作文の題名つけるのもいつも苦労した末に無難なものしか思い浮かばないのでこのタイトルもまだしっくりとは... 今思い出したけど小5の宿泊学習のときの班名は私のゴリ押しで「ぽっぽっぽーはとぽっぽグループ」だったなぁ。頑張って変えずに慣れたいと思います。自信持て。自由に生きる。ちょっとかわいく見えてきたし。

 

2年目の挑戦は、自分を通すこと。

(と、その根拠になる情報収集と自己分析を日頃からすること)

 

 

先週半ばに秋学期の期末テストが全部終わって、冬休みに入ったところです。

一ヶ月弱の冬休み、何しようかなってずっと考えてます。いつの休みでも、カリフォルニアに遊びに行く友達が多い。私もカリフォルニアには日本人もアメリカ人も住んでる友達がいるからいつかは行きたいけど、とりあえずこの休みは自分なりに充実したものにはしたいなぁ。

 

街はすっかりクリスマスです、クリスマスってアメリカ人にとって本当に大切な神聖なイベントなんだなと感じます。クリスマスがテーマの劇やパーティーに行くと最高にハッピーな気持ちになります。日本だと年末にはもう正月の雰囲気に切り替わってた気がするんですけど、去年はここではクリスマスツリーは場所によって2月頭まで出てました。当日ももちろんだけど、このクリスマスシーズンが大好きなんでしょうな。

 

 

今日はこのへんで再見。