留学野良

3年目となるオレゴンでの生活、というより、一人の日本人が留学しながらこんなこと思ってましたとさ。親戚と友達に近況報告するために始めたブログなので、何気ない日々についでに最近思ったことをつらつら語ります。留学楽しいよ!!

ホームレスと向き合う

今頃ラストシンデレラ観てます最高ですNorahです。

明後日は同じ学校に通う日本人で集まることになって楽しみです。

 

 

ちょっとまとまらない話書きます。

 

今、アパートの裏はダウンタウンっていうもうとっても便利なところに住んでます。なかなか治安の良い街で、暗くなってからも安心して外を出歩けます。て言ってもやっぱり日本じゃないからコンビニくらいしか行ってないし大丈夫。逆にここ治安悪いって言う人もいる、それはホームレスが多いという意味で。

 

こんなにホームレスが身近にいる状況で暮らすの初めてで去年の今頃は前を通るたびにどきどきしてました。そしてある時スルーすることを覚えた。でも未だに、彼らにどう接したらいいかわからない。facebookで回ってくる動画でよくホームレスの人に食べ物あげたり支援物資用意したりしてるけど、ここの近所の教会でも寝床や食べ物提供してるけど、なんか、すごくいっぱいいるから、感じの良いひとを選別して食べ物あげるとかになるの嫌だって思ってしまう。ずっと続けるにはそれなりに資金が必要だし。動画の人たちはどういう基準で提供してるんだろう。夜になると道端に寝袋に包まってる大人がたくさんいるのがいたたまれない。もう寒くなってきたのに。

 

授業でホームレスの話題が出たときは意見が出る出る、けんかかってくらいクラスメイトが言い合ってた。

「彼らはその気になれば仕事を手に入れられる、今は物乞いで楽してるだけの怠け者だ」

「自分はお金はあげない、食べ物をあげる、でも以前お金を要求してきたホームレスに食べ物買ってくるから待てと言ったら、お金で頂戴と言われ何がしたいんだかわからなかった」

「あげたお金がマリファナに消えるんならあげたくない」

知的障害を持った人が仕事を失ってホームレスになる、彼らをいたわるべき」

 

オレゴン州マリファナが合法でそこら中で吸ってる人を見ます。

”レンタルチャイルド”という本を最近読みました。インドの繁華街の裏の貧困層に生きる人たちの心理的葛藤が描かれたルポタージュ。麻薬に走ってしまう貧困者は現実逃避のためにやっているそうな。路上で生きる人達にも社会があって、みんなが平等に支援を受けられるわけじゃない。そうじゃないから状況が変わらない。こんな悲惨なこと今も世界のどこかで起きてるんだって、衝撃ばかりでした。けどそれに近いものは私のすぐ身近にもあるっていう怖さ。

 

私は世界の貧困層の生活水準を上げるための活動(ざっくり。)がしたい。でも本人達がまあ今の状況でいっかって思ってるうちはなくならないだろうし助けようがない。日本の地元でもホームレスはちらほら見ました。ここのホームレスはなんというか、明るいんです。時代の流れについて行けなかったのか、自ら自由を選んだのか。

 

もうホームレスのひとたち一人一人にインタビューでもしたいくらいなんです。あなたはどうしてここにいるの?って。うざがられるだけかな、大金要求されたらコワイな、興味本位で話しかけてると思われたら申し訳ない、そもそもハッキリと話す人ばかりじゃないから何言ってるか聞き取れないかもしれない。無駄にいろいろ考えます。今まで目をそらしてきた向き合わなきゃいけなかったことに直面してる気分。いつかは絶対...

 

 안녕

2年目の挑戦

初めましてこんにちは。

東北出身の21歳です。

オレゴンの短大に通い始めてそろそろ1年半になります。

 

こっちに来る前、留学前は、「卒業するまでの4年間は一度も帰省しない」なんて言ってました。しばらく見ないうちに立派に成長して親に顔を見せるのが憧れでした。津田梅子。一年経った夏に帰りました。完全なホームシック。学校から帰っては槇原敬之の遠く遠くを聴いて涙の日々でした。アメリカに来てしばらく経つのに思ったほど英語力が伸びてない、そもそもどうしてみんな日本語喋れない、先生が何言ってるのかわからなくて悔しい。でもその時寂しさを紛らわせてくれていたのがここオレゴンで出会った人たちでした。日本人もアメリカ人も他の国からの留学生も、話せば良い人たちばかり、人間て温かい...

今もたくさんの素敵な人たちに囲まれて刺激をもらって元気に過ごしております。

 

趣味は、しいて言うなら、料理。食べてくれる人がいるなら作る。

特技はかろうじて書道、小中高と習っていたのと、ちょっとセンスがあると思ってる。8段だけどね。8段がどれほどのものなのか本人も不確か。

 

 

ブログタイトルについて...

 

私にはNorah(ノラ)というアメリカンネームがありまして。普段は本名を使っているんですけど、食べ物屋さんによっては注文時に名前をきかれることがあって、本名だと聞き返されるかつづりを言わなきゃいけない、そういうときに名乗ります。その”ノラ”。つい最近まではJennyって名乗ってたのに(仲の良かったベトナム人の子のアメリカンネーム、その子は違う州に引っ越して、その後なんとなく引き継いだ笑)友達とごはんを食べに言ってJenny使ったら私はJennyって感じではないと突っ込まれ、じゃあつけてって言って新たに頂いた名前です。今日でNorah6日目です。

 

アメリカに留学しようと思った理由が、高校生のときに来たことがあって身近に感じていたことと、アメリカ人の自由さに憧れたこととがありました。実際住んでみたらアメリカ人は本当に自由。どこで何をするのも自由だからちょっと道端にイヤホンつけて大声で歌っている人がいても全く動じない。授業中に突然自分の身の上話を始める人がいるけどみんなでそこから話を広げて盛り上がって先生がうまく丸めて軌道修正するのが面白い。最初はオイオイと思ったけど、実は授業の趣旨からそんなに脱線してなかったりする。住めばこの自由さに私も染まるかと思いきや、見た目は積極的になってるつもりでも気持ちがどんどん消極的になってきてるなと感じました最近。日本人らしさを忘れ過ぎるのも良くないと聞きますが、周りを気にせず自分らしさを押し通すあの感じはアメリカ人の良さだし習得したいと思ってて。そこから”野良”。

 

でも私ネーミングセンス無いし作文の題名つけるのもいつも苦労した末に無難なものしか思い浮かばないのでこのタイトルもまだしっくりとは... 今思い出したけど小5の宿泊学習のときの班名は私のゴリ押しで「ぽっぽっぽーはとぽっぽグループ」だったなぁ。頑張って変えずに慣れたいと思います。自信持て。自由に生きる。ちょっとかわいく見えてきたし。

 

2年目の挑戦は、自分を通すこと。

(と、その根拠になる情報収集と自己分析を日頃からすること)

 

 

先週半ばに秋学期の期末テストが全部終わって、冬休みに入ったところです。

一ヶ月弱の冬休み、何しようかなってずっと考えてます。いつの休みでも、カリフォルニアに遊びに行く友達が多い。私もカリフォルニアには日本人もアメリカ人も住んでる友達がいるからいつかは行きたいけど、とりあえずこの休みは自分なりに充実したものにはしたいなぁ。

 

街はすっかりクリスマスです、クリスマスってアメリカ人にとって本当に大切な神聖なイベントなんだなと感じます。クリスマスがテーマの劇やパーティーに行くと最高にハッピーな気持ちになります。日本だと年末にはもう正月の雰囲気に切り替わってた気がするんですけど、去年はここではクリスマスツリーは場所によって2月頭まで出てました。当日ももちろんだけど、このクリスマスシーズンが大好きなんでしょうな。

 

 

今日はこのへんで再見。