留学野良

3年目となるオレゴンでの生活、というより、一人の日本人が留学しながらこんなこと思ってましたとさ。親戚と友達に近況報告するために始めたブログなので、何気ない日々についでに最近思ったことをつらつら語ります。留学楽しいよ!!

あと1日半

友達には数人にしか去ることを伝えていなくて、今週は毎日 "実は..." と話を切り出すこと数え切れず。有難いことに寂しがってくれたり泣いてくれたり、もう感情が忙しかった。荷物整理なんてしたくなかった。いつか自分の送別会をしてもらえる日が来るなんてこれっぽっちも想像してなかった。

 

2年半で築いた交友関係を全部たどるのはとても無理だったけど、できるだけ多くの人と話をしました。

 

みんなの中での私との思い出が、少しでも明るく楽しいものでありますように。

Remove all ads

一時帰国?を終えて

今からオレゴンに帰ります が 1週間後にまた戻ってきます。

 

お久しぶりです、元気でした。

 

オレゴン留学生活最高レベルに苦しい学期を終えて、一ヶ月の冬休みは予定外の帰省をしました。成績も良くないし、そろそろ潮時なのかな...と暗い気持ちで帰りました。

 

結論から言うと、あと半年で卒業なんですが、学校を辞めて日本で就職します。

 

短大は出ようと思っていた私にとって、卒業前に日本に帰ることはなんとなく私の中で"逃げ"のような気がしていました。なんとか頑張ろう、生き抜こう、だって周りの子たちはあんなに遊んでいるのに私より成績が良い、私にも出来ないことはない、って思ってました。

 

周りと比べること、周りの目を気にすることをやめたら、一気に気持ちが楽になりました。周りなんて気にしてないよ、と豪語してはいたものの、やっぱり心のどこかで"理想の私像" があったんですね。私は私なりに頑張ったよ、とか、今までよく頑張ったよね、すごいよ、とか言ってもらえたことも、自分は認めてなかったけど、そういう風に思ってもらえてたんだってわかると、いやいや...とは思いながらも嬉しく思えるようになりました。

 

昨日スーパーでオレゴンの友達へのお土産を選んでいたら、あの人にもこの人にもあげたいといろんな顔が浮かんできて、ああ私この2年半でたくさんの人にお世話になったなってしみじみして、お菓子売り場で泣きそうでした。今週はきっとたくさん泣いてしまう。

 

留学終えて一足早く母国に帰る友達をたくさん見送ってきたけど、その度に、もうこの先戻ることはないかもしれない土地を後にするのってどんな気持ちなんだろう、私の時は何を思うんだろうって考えてしまいました。

 

2年半同じ土地で生活して、いろーんな国出身の友達ができました。何年後になるかはわからないけど、世界のどこかでまた会いたい。Hope to see you againってたくさん言うだろうけど、毎回本気。

 

貧困国で直接人と関わって一緒に生きて、困ってる人たちの力になりたいという目標は変わりません。道のりは何であれゴールの方向は変わらないから、私なりに頑張ろう。何をするにも資金が必要なので、しばらくは地元で働こうと思っています。やっと社会人です。高校留年して短大スタートも同級生より半年以上遅れたけど、結局同い年と同じ時期に働き始められることになってちょい嬉しい。

 

帰省前には仕方がないと思っていた地元での就職も、今は前向きに、将来を見据えての道のりとして楽しめる気がしてきました。選択させて貰える環境にいるだけで幸せです。

 

こんな気分の時に限ってね、上を見てみると、空が綺麗だったりする。さっきまで薄く真っ白に曇ってたのに、筆で描いたようにかすれた雲の切れ間から青空が見えて。空ってフッシギ〜

 

空が...というより、何かを思ってるときって上を見てしまうんだろうな。夕焼けが綺麗だったりすると、気分によって、励ましてくれているようにも、ばーかって言われてるようにも感じる。

 

あの人とはあんな話をしよう、あの思い出話をしながら日本のお菓子を食べてもらおうって考えながら帰ります!

 

22歳冬の私、空港に向かうバスの中より。

 

あけましておめでとうございます。2016年の漢字はシンプルに"迷"でした。

一人でたくさん迷った一年だった。これで行く!!って自身満々に決めたことも、周りの人に報告すると違った意見を頂いたりしてちょっと後悔して立て直して。自分の弱点を見つけられた年でした。一人で何でも決められるほどの人生経験を私はまだしていないのだから、今後はもっと人の意見を聞こう。あと時間は守ろう。

 

忙しさ

課題が多くて忙しい

なんて言ってるけど、(私)

 

人生MAXで忙しかったときの記憶はとても楽しかった記憶と一緒にある

 

夏にバイオだけとってたときは、課題やるまでにだらだらしちゃって、結局夜遅くに仕上げて寝てすぐ起きて学校行ってっていうサイクルはその前の学期と変わらなかった

 

過去MAXて言ったって本当に本当に死ぬほど忙しかった経験がないから、忙しかった記憶が良い思い出になってるのかもしれないけど

 

私はまだやれるんじゃないかなあといつも思う

 

私の口癖、”なんとかなる” は、なんとかなってるんじゃなくて、ギリギリになるとたくさん妥協してしまって、それでいいかと思ってしまってるけどまあ終わったからいっか!と思うことに繋がってるんだそうな

 

学期初め、読まなきゃいけない教科書のページの多さに追われて、友達と喋る時間さえなくてほんとどうしようと思ったけど、なんとかなっちゃってるな、って今思った。違う違う、よく見て。見て見ぬ振りしてるだけ。妥協を覚えただけ。

 

時間管理、時間管理、、、今からの2時間、ごはん食べてからの2時間を有効に使う

好きでとってる授業の勉強は平気、だけどこれからの人生も好きなことだけやって成立するとは思えないし

 

何かを死ぬ気で頑張ってみたい!

(死ぬ気で頑張る、の意味は...... もうすぐ死ぬなと思えば最後の力を振り絞って頑張れる、か、頑張らなければ死ぬ、かでしょうか)

生き死にじゃなくて立派に世のために頑張りたいんだけど、追い込まないと頑張れないのは何故でしょうかね

Remove all ads

2016年夏の思ひでパート1

引っ越した。

丸2年間お世話になったアパートに何の未練も残さず、(元ルームメイトと離れたのはちょっと寂しかったけど) 新しい生活が始まることにうきうきしてます。今日やっと!

あれ、私って人見知りだったかな??いつだか克服したと思ってたのに、あれ、おかしいな!!?っていう1週間を過ごして、今日やっと、輪に入れた感がありました。

アメリカ人の住人が60人近くいるから、名前覚えるのだけで大変だし、火曜日で既に、まあ名前はいっか!それより早く誰かと仲良くなろう!と思ってたけど、先週あんまり課題を進めていなかったから友達作りよりそっちに追われて、唯一みんなと関われる時間だった晩御飯タイムも、私が未だに食べながら英語聞き取って喋ってっていうのが苦手だからなかなか話せず。食べたら宿題が気になってさっさと図書館に戻ってしまう、という

なんとも緊張感のある1週間を過ごしてました。実は。

楽しくやれる確信はあったけど、スタートに失敗してた。

でももう大丈夫!

 

さてさてハッピーフライデーだけどまた課題進めようとしてます。その前にちらっと、夏休みのことを書こうかなと。

 

1. 夏学期

2. 母と叔母の訪問

3. ネバダに住むめんこい妹分の訪問

4. 念願の!インドに行ってきた!

5. ほんとの妹と初ロサンゼルス行ってきた!

6. 元ルームメイトが日本から帰ってきた!

 

1. バイオな夏

バイオロジーの授業を2つとったので、ついにscience系の必修科目を終えました!長かった...!一生懸命頑張れたかって聞かれたら、何回かくじけたし、だめだったこともあったし、その度に親に深く深く申し訳ない気持ちになったし、もう学校向いてないな、準学士とるの諦めて働く道を探そうかな、辛かったら死ぬより日本帰ってこいって母に言われたな、とか考えてました。思い出したら涙出そうになった笑 今学期からすごく気が楽。今学期一番ヘビーなライティングの授業を終えたら、来学期はほんとに好きな授業だけのために頑張れる。素敵。

この夏は新入生がいなかったから、よく知る友達と一緒に勉強してごはん作ってもらって作ってあげてってしょっちゅうしてました。オレゴンの夏大好きなんですよ、空気が乾燥してるから外にいても一滴も汗かかない。よっ友 (見かけたら よっ or Hi だけ言い合ってその場は去る友達) だった子と短期間ですごーく仲良くなって、さらに短い期間だけど一緒に住んで (2年住んだアパートの契約が切れたけど次住むところが確定してなかったから一ヶ月間だけこの子の家に転がり込んだ)、先月国に帰っちゃったけど将来また絶対会える気がしてる。何回も、いろんなとこでつぶやいてるけど、The amount of time you have spent together is not necessarily in direct proportion to the quality of your relationship. なんだよなあ。

これを最初に感じたのは今年の初め。仲良くなりたいクラスメイトがいて、授業終わりによく喋ってたけど、いまいちお互い心開いてる感じがなくて。今思えば、どれだけ一緒にいたか、たくさん話したかじゃなくて、一緒に何をしたか、何を話したかで、その後も続く友達でいられるかどうかが決まるんだなあと。

高3の夏に仲良くなって、いつの間にか長いこと友達やってるように感じる出会いだってよくあるしね。

 

バイオの話はどこさ行ったのってね。あ、オチのある話をする、も目標のひとつなんですが、なかなか難しいね。笑いで話を締めろという意味じゃなくて、自分は今の話を通してどう思ったかを最後に言うだけでとりとめのない話も締まるらしいよ。

 

課題に戻りますので続きはまた思い出した頃に。

久しぶり!!!秋学期スタート

まさか最後の更新が1月だったなんて。

長くて短い夏休みが終わって、ついに秋学期が始まりました。四季があるっていいなあと思うのが、去年の秋はこんなことがあったな、こんなこと考えてたな、って季節単位で思い出せること。四季のない場所に住んだことがない奴が言うのもアレかもしれないけど。アレってなんだろね、便利だな。

去年の今頃は、三ヶ月の日本への一時帰国を終えてすごくリフレッシュした気持ちで秋学期が楽しみだった。

でも学期初めって毎回ワクワクしてるかも。

この夏はなんと母と叔母と妹がここに遊びに来た!

 

いろいろ書こうと思ったけど、読まなきゃいけないものがたくさんあるのを思い出したから、せっかく出たやる気を逃さないように、宿題してきます。

 

とりあえず今学期の目標だけ。

 

早寝早起き

課題は必ず期限内に提出する

予習できる余裕を持つ

どんなに課題に追われていても、夜は あー今日も楽しかったな って言ってから寝る。大丈夫、寝ればだいたい解決する。

 

また詳しく書きますが、もう私の将来の道はぶれないと思う!

もし私に違う人生があったら

って考えるの楽しいですよね。

見事な三日坊主でブログが止まっていましたお久しぶりNorahです。スタバで名前きかれてNorahって言ってるのにNoraって書かれる悔しい日々です。発音の問題じゃないのかな。年末はそば打ちの練習をしてたのに大晦日には打つタイミングを逃して結局美味しいそばには辿りつけませんでしたDon't mind.

 

明けましておめでとうございます。冬学期が始まりました。

 

Chemistry, Geography, Drugs Society, and Hiphopの授業をとっちょります。全部が初分野で楽しみです。Geographyの先生が昨日飼い犬2匹を連れて来ました。授業中教室をうろうろ。ああ楽しいなあ。学校が始まる前日に初めてここらで雪を見ました。去年は一滴も降らなかったのに!急に!寒いけど幸せ!翌日の学校初日は地面が凍って休校。山の上にあるもんだから寒さに弱いんですかわいいでしょ。

 

何の授業をとるかえらい悩みました。将来やりたいことは見えているけど、そこに着くまでに何をしたらいいのかがわからなくなってしまって。お金出してもらって学校に通わせて頂いてる身分なのに本当すいません。

 

夢は追いかけるもんだって思ってました。でも最近、夢を追うことほど無駄なことはない、ひとりひとりが今の自分の特技を伸ばして、自分に向いていることを武器として社会貢献するべきだっていうのを耳にしました。うまく反論できないけど、私はそうは思わない。世の中そんなにエコじゃない。やるだけやったけど私には無理だったなって思うにしても、自分で納得したい。

 

話戻って、もし違う人生があったらどうしましょうか。

私の親戚には教師系が多くて、私自身も中学校までは保育士になりたいと思ってた。でも今は全然そう思わないなって話をしたら、しいて言えば中学校の先生っぽいと言われ、リアルに想像できたので目指してみたくなった昨日があったり。

 

中高と演劇の勉強をかじってました。当時は本気で舞台演劇に携わる仕事がしたいと思っていましたが、諦めたわけではない、それを上回る出会いをして他に興味のわくことを見つけて今ここにいます。だから今でもたまに、お芝居観に行ったり良い映画観たりすると、もう一回目指してみたいなって思ったり。

 

こういうこと考えるのって決まって今の自分の状況に満足してないときなんですね昔から。あーあの頃に戻って人生リセットしたい!とか。でもなんだろな。それも悔しい。やれば出来るのにって思うのも思われるのも嫌だ。

 

夏休み日本に帰って、2ヶ月間老人ホームでバイトをしてました。興味があったけどずっと手が出せてなかったことだったからものすごくやりがいを感じました。一生他の人のために尽くす人生がいい。擦り切れたい。

 

人間は考える葦である。

 

現状に満足してない人はたくさんいるでしょう。他に選択肢がなくて仕方なくその道を選ぶ人もいるでしょう。頑張れば頑張るだけもっと上を目指したくなるでしょう。もうひとつの人生はいりません、今の人生を軌道修正しながら進むのみ。

違う人生があったら果たして私は満足するのだろうか?

No, 結局その人生にいるのは私だから、どんな遠回りをしたって、違うのは職業くらいで、最後には今の考えに至ると思う。大切なのは単に何をするかじゃなくて、誰とどんな思いでそこにいるか。

だからいつか自分の納得のいく道が見つかる日まで、今できることをしっかりやる。だからその今するべきことが見当たらないんだってば。恵まれた環境にいることに感謝の日々、だけど興味の赴くままに動いていいんだろうか。隣の芝は今日も青い。

徒然なるままに

こんにちは。この度初めて髪の色を変えまして、日本にいる家族からクリスマスカードが届きましてハッピーなNorahです。茶髪を一番見せたかった人にはひたすらチャラいと言われましたが気にしません、褒め言葉として受け止めました。最終的にはかわいい言わせたのでこっちのもんです。

 

来年の夏は母と叔母がここに遊びに来ると言っていて、大学生の妹は一ヶ月の語学留学の代わりに二週間ここに来たいそうな(かわいい)。楽しみだけどそれまでに私の会話力なんとかしようとかちょっと焦るわけです。もっと英語を喋る機会を増やさないと...

 

最近寒い。と言っても雪が降るほどじゃない。雪国出身者を親に持つ私としては雪がふらない程度の寒さがキツイです。こんなに寒いならいっそのこと降ってくれ!でも持ってるコートが本気の冬物コートなものでなかなか着にくいです、そこまでの寒さじゃないんですね。困った。

 

 

アメリカに住んで一年半経ちます。こっちの人たちと喋るときは日本にいたときより自分の思ったことを言葉にして伝えようと意識しているのですが、それが最近裏目に出ている気がする。余計なことまで言ってしまう、英語でも日本語でも。思ったことを口に出すっていうことが昔より出来ているから昔よりは素直にはなっていると思うけど、思ったことが顔に出てしまうようにもなりました、悪い意味で。うーん、これも意識次第で直せるものかな。

 

 

さて、いま夜の3時にこれを書いているわけですが...

明日からきちんと生活を元に戻そう。

おやすみなさい。Tạm biệt.